2010年02月20日

ルネッサ洗車する

TS3O0024s.jpg
ルネッサも結構汚れていたので気になっていた。たまに乗る前に雑巾で拭くくらいで、今日みたいな本格的な洗車は今年に入って初めてかもしれない。洗車をすると色々な角度から見ることになるのでトラブルに気が付くことがある。今回はタイヤのひび割れを発見した。溝はまだまだ残っているので走りこんで交換したいところだ。
posted by atat-y at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 単車・ツーリング

2010年02月19日

今日は作業おわり!

100219_2334~01s.jpg
郵便局帰りの深夜の京都タワー。こないだ機種変更したbiblioのカメラを試してみる。液晶に合わせてなのか、すごく縦長に撮れます。寒いです。手震えてます。アトリエの机の上は出荷前でMAXで散らかしています。こりゃひどいな。疲れているけれど、明日の作業のために片付けとこう。
posted by atat-y at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧雑記

2010年02月08日

どうでも良い、いくつかの事

昨年からひっそりとTwitterを始めたものの、小さなネタが全部そっちに取られてしまう傾向があるためにブログの更新がどうしても疎かになってしまう事に気づいたので、まあアカウントは残しておくもののあまり深入りしないように気を付けることにした、今日この頃であります。とはいえこのログ内容も駄々漏れ傾向。どうでもいい話。

ある日、電気ファンヒーターと掃除機を同時に使って案の定ブレーカーを飛ばしてからというものの浴室の時計がクリアされてしまってそのまま使いつづけていたのだが、案外気になるものでようやくプリセットし直した。普段見ていないようで見ているもの、というものは結構よくあるのだろうと思う。無くしたときに気づく、といういい教訓なのか。

革を手縫いで作るatatではありますが、布袋に関してはミシンが活躍するのでありますが、そのミシンがきしんで変な音をたて始めたので、すぐに使用を中止してグリスアップすることにした。ドライバーで樹脂製のカバーを開けてやると機関車のようなクランクのようなものがあるので根元に油をさそうとするのだが、あとわずかなところで届かない。と、そばになぜか焼き鳥の串があったのでそれを部品にあてがいながら油をたらすと上手く行った。棒を使ってシロアリを食べる猿が思い浮かぶ。

近頃web上では冬場でバッテリー上がりを起こしている事例をよく見かけたので、自分のルネッサは大丈夫なのだろうかとふと思った。前は始動はしたけれどセル音が弱かったような印象だったからだ。しばらく乗ってないし。夕方、サイドカバーを開けてバッテリーを取り出し、車用の充電器につなぐことにした。こういうとき毎度のことながらバッテリーは+ーどちらから外すか忘れてしまい、検索。はい、ーからでした。充電器の容量ランプは半分を指していたので気づいて正解だった。4時間程してテスターを当ててみたら13Vだったので充電を終了して翌日取り付け。一発で始動した。ついでに空気圧をチェック。やはり抜けぎみだったので、フットポンプで調整。しかしペンシル型のしかも古い空気圧計はいまいち信用できない。

天井取り付け型のいわゆるシーリングライトが調子が悪くなったので、ストックの中からましなのを見つけて交換。すこし前に新品を購入して交換したところだったので作業自体はもう慣れたもの。しかし壊れた原因は基板を見てみないとどうにもよくわからない。はんだ割れぐらいならば簡単に直せるのだが。しかしなんでこんなことやっているんだろう。電気屋ではない。

dellのmini9も1年使っているので新しいubuntu linuxに交換したいと思った。しかしいままでの8.04環境もそれなりに安定していたので、USBカードリーダーにmicroSDの8Gを挿して、そこに9.10を入れて試してみる。結果的に挿しっぱなしでもデュアルブートできたので便利。いまのところ、仕事には8.04(主にgoogle chrome,webアプリで安定してる)ブラウジングは9.10(なぜかこっちのfirefoxは速い)と使い分け。SDカードにアクセス中、青く光るのが気に入った。

そこで目が疲れない配色を試行錯誤していると、紺色が良いことに気がついた。これを書いている環境も紺色に白字である。液晶見ていると発光しているものを見ているわけだからどうしても目が疲れる。ポメラとかキンドルはそこに存在価値がある。

なんだかなあと思いながら見ていたが龍馬伝やっぱり面白い。武士の本分にやっと気づいたところで、自分も仕事に戻ろう。
posted by atat-y at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧雑記