2010年11月10日

京都ぐるぐる

東本願寺をスタートして
鴨川沿いをひたすら北上、
御池あたりで橋を渡って西へ
京都市役所前を横断しオフィス街を抜ける
世界遺産の二条城を一周して堀川通りを下る
全10km程度のコースが快適

歩道が広いので車よりも
かえって自転車が危ない
必ず腰とかに電池式の点滅ライトをつけている
シューズに使われている反射材も
存在を知らせるのに一役買っている

場所が有名なのか川端や二条城あたりはランナーが多い
ウォーキングの人もいる
それぞれの目的があるのだろう
少し寒いこの時期はバテなくてちょうどいい
今日のは3日前よりも楽に完走

nightrun.jpg

しかし今日のコースを単純4倍してやっとフルマラソンかと思うと
気が遠くなるばかりか、2.195kmがトドメにあるのだ
きっとこれは体には悪いに違いない
走れるひとはただただ尊敬である
京都マラソンの予定コースを新聞で見たがあまりに過酷過ぎて
これは一筋縄に行かないと思う
それに目指すところはそこではないような気がする

何か変化があったかといえば、日常生活で例えば
青点滅でダッシュしても駅で階段を登っても
息切れしなくなったのと、しんどい面倒臭いとか
ネガティブにならなくなったのは良い
そんな程度でいいのだ
体に向き合う時間を持つことが今自分には必要なのだろう
posted by atat-y at 21:44| Comment(1) | TrackBack(0) | ランニング